フロントフォークの動きがどうにも気になったので夜勤明けでガレージに行って確認。一応単体でストロークさせると底付き位置まで動く。動くけど、ストローク量が85mmを超えたあたりで引っ掛かる。何だこりゃ?
試しにプリロード調整用のキャップを外してゆっくり動かすと気にならない。
速く動かすと引っ掛かる。
・・・あぁ、やっぱり・・・はぁ[m:63]
ストロークで85mmっていうと丁度オイルロックピースが筒の中に入りきるくらいの頃合なんだよね~。で、01の時はロックピース外してたはずなんだよねぇ・・・。たぶんこれが原因なんだろうな~。
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
さてどうしましょ。
スポンサーサイト
2010.03.31 Wed l ひとりごと l COM(0) TB(0) l top ▲
よくよく考えてみたら、これ以上入った記憶がない。
「フロント残スト10mm」
構造的にダメなのか、バランスしてるのか、ここで止まってる。
01サスのときはいつも2~5mm残。08に乗ってからは10~15mm残。なんでだ?
これだと単純に8mm程高い位置で使ってる事になる。で、この位置で突っ張るのか?そんな感触はないけど・・・
フォーク単体で押したときはちゃんと入ってたぞ?ん~・・・???

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ明日確認してみよう。
2010.03.30 Tue l ひとりごと l COM(4) TB(0) l top ▲
2010/3/28 鈴鹿サーキット西コース J-GP3クラスゼッケン71

今回のレースは仕事の関係で前日練習無し。振り返ってみれば西コースの走行事態が08年10月以来。レースに経っては06年の10月以来・・・。エンジン仕様ぶっつけ、車両の新レギュレーションへの対応不安などどうなります事やら・・・

車検:今回のレースは先ずはここからでしょ(w
今シーズンからバイクの最低重量が77kgに引き上げられました。そこで1月末から横井エンジニアリングさんとウエイトKitの開発をして対応してきたんですが、先に開幕した筑波、岡山での話を聞く限り一抹の不安が・・・。
ま、結果的には1.6kgの搭載でギリギリ77kgクリアーでした。これで無事レースに出場できます。

予選10:00~
気温:12℃ 湿度:41% 気圧:1013hpa
MJ:188 SJ:45 PWJ:55 JN:34-68-Ⅳ 
本当に久しぶりの西コースの走行。先頭でコースインします。15分あるのでエンジンに問題があれば早めにピットインする方向で。
コースインして思ったよりシフトポイントが手前なのに気分を良くする。多少デトネは出るがエンジンは速いか?ってな感じで。しか~し、ストレートに戻ってきてビックリ。あれ?6速がない?いや7速がいる?・・・事前テストで最高速が落ちた&上が伸びないのはラム圧がかからなくなった為と思いファイナルを半丁ショート(15-34→16-37)にしたんですが、どうやらそれが失敗。なんだよ、フツーに走るじゃん・・・。
仕方ないので諦めて期待の新人(子供)をペースメーカーにタイムを出そうという大人気ない作戦を実行に。
所がこれも目標としたライダーのペースが上がらず失敗。で、体にそのペースが染み付いてしまい、足掻けど足掻けどタイムは出ず・・・。練習不足&西コース敬遠のツケが・・・。
後半で後ろを確認すると近付いて来るライダーがいたのでペースを落として少し待ってみます。
で、そのライダーに抜かれたのをいい事にペースメーカーにしてなんとかタイムを更新。最終周で遅いライダーの処理をミスり更なるタイムアップはならず予選終了。
予選タイム:1’31”791 予選4位 
TOP:207km/h 13000rpm(スリップ無し) デトネーション:400/10周

20100329-3.jpg

決勝13:20~
気温:14℃ 湿度:34% 気圧:1011hpa
MJ:185 SJ45 PWJ:55 JN:34-68-Ⅳ
ファイナルを以前の物に戻してタイヤを替えてと、ドタバタと整備している間にあっという間にスタ前チェックの時間です。サイティングラップでデトネが酷かったのでメインを1ランク上げて185へ。クラッチにちょっと不安が・・・
久々のスタート進行にボ~っとしているとレッドフラグ退去。シグナルレッドから・・・ブラックアウト。
出足は鈍かった(少し低い回転でクラッチを繋いだ)がその後の加速はまずまず。一時期の病気は治りつつあります(w
6、7番手でショートカットへ。で、スタートの良かった2台ほどを牽制しつつブレーキを遅らせすぎてオーバーラン気味に進入。視界の外で1台こけた感じ・・・。ショートカットを抜けた所前4台は微妙に離れてしまっていました。
で、デグナー進入。ここでいきなりフロントが跳ねる!半分落とされそうになりながらアクセルを開けると今度はリヤが滑っておっとっと。なに?タイヤが冷えてるの?ショートカットでもおっとっと。2周目の130Rでもフロントが跳ねて・・・。なに?エア圧間違えた?でも問題が出るのは進入のみ。しばらくペースを押さえてタイヤを温めます。前にはじわじわと逃げられる・・・。
3周目には単独走行になって一人旅決定。でもペースを上げようとすると相変わらず進入でフロントが跳ねる。なんと言うか、「スパッ」という速い動きやブレーキが深くなった時に跳ねが出ます。以前(乗り始めの頃)感じた08の悪癖そのままです。感覚的にはフロントが高い&外にある感じ。130Rでその症状が出たときには覚悟を決めました(w
そんな感じでフロントに問題を抱えたままペースも上げられず、何もできずにチェッカー。
決勝結果:5位 ベストタイム:1'32”310
TOP:207km/h 12800rpm(スリップ無し) デトネーション:1500/12周

何も言ってなかったのに手伝いに来てくれたエトゥー、しみピョン、uneちゃんありがとうございます。オヤジパワーは湿気っていて不発でしたけど(爆)ちいさん撮影ご苦労様でした。
次回は5月9日また西コースです。ヨロシク~

20100329-4.jpg
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ復活完了!!
2010.03.29 Mon l レース l COM(2) TB(0) l top ▲
無事完走しました。特スポ無し、エンジン仕様ぶっつけ、西コースは08/10月以来の走行、レースに至っては06/10月以来・・・
で、結果は予選4位、決勝5位。タイムはベストの2秒落ち。
すいません、いろいろ準備不足でした。
まぁ、完走できたのと、練習で得られなかった問題点が浮き彫りになったのが収穫かな?と。
結論で言えばまだ足回りの改善余地アリって事で。
自分にとって04の足回り特性は合わないです。むずかし~

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
2010.03.28 Sun l レース l COM(0) TB(0) l top ▲
鈴鹿サンデーロードレース第1戦(西コース)
J-GP3 ゼッケン71番で出場します。
予選 10:00~10:15
決勝 13:20~

仕事の為前日の特スポは走行できずぶっつけ予選となります。(たぶん、ほぼ95%の確率で)
エンジンの仕様も決っていません。もちろんキャブセットも。こんな状態で『なめてんのか』といわれても仕方ありませんが、すいません、今回は全くの誤算です・・・。予選前にタイヤも買えるかどうか。
先ずは車検通過が目標です。
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
ウエイト、大丈夫やろなぁ・・・。
2010.03.21 Sun l レース l COM(0) TB(0) l top ▲
本日BATTLEで聞いた情報によりますと・・・Kitピストンは今回(4月)注文分で生産終了らしい。
てことは、今後在庫がなくなり次第HRC製Kitピストンは販売終了!?
てことは、ど~すんのよ?消耗品が入手不可能となれば2st強制終了ですか?
ど~すんのよ、HRC
このままじわじわと2stユーザーを殺していく気でしょうか。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
リプレイスピストンを海外から輸入するしかなくなるのか??
2010.03.20 Sat l レース l COM(0) TB(1) l top ▲
日曜日、東コースで開催されたファンランを観に行ってきました。
観に行ったというより、相方が新しい武器を手に入れたのでその性能を試しに行ってきました。
その武器とは・・・
100315.jpg
これで貴方のハートを打ち抜きます♪

ピットでKDCの社長に挨拶をして2コーナー内側の激感エリアへ。そこで3レース程撮ってました。
思い通りの写真が撮れたり取れなかったりと楽しんでました(w いい写真取れたみたいですよ。
で、今回お披露目だったのがネオスタンダードクラスというカテゴリー。MFJではST250Fに該当するのかな?
KAWASAKIのニンジャ250とHONDAのVTR250を使ったレースです。
100315-2.jpg

これはニンジャですが、ネイキッドのVTRもRSのカウルを流用したりしてましたね。
ま、運営に関しては??と思うところもありますが、エントリー&Enjoyクラスとしてはいいと思いますよ。初期のMONOのコンセプトよりずっといい。
ただ今は台数が少ないからいいけど、これから台数が増えるor増やそうとするならあるレベルで住み分けをさせなきゃいダメだと思います。初心者とベテラン、本気組とEnjoy組これを分けてそれぞれが目指すものを与えなきゃ、一部の人間がぐちゃぐちゃにしちゃうんじゃないかなぁ・・・。勝つ為にお金を掛けて、レギュレーションの隅を突付いてなんてのが出てきちゃ醒めちゃう人だっているだろうし。Enjoy組はネオスタでセミ耐久、本気組はST250Fでスプリントでもいいじゃんね。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへネオスタンダード、盛り上がるといいね。
2010.03.15 Mon l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲
金曜日に有休を取って東コースでチャンバーテストしてきました。今回はJhaとHARCのチャンバーです。
週間予報では暖かくなるって話だったのに・・・
でもこんな寒い中&平日なのに125も何台かいます。みんな暇やね~

AM9:55~
気温8℃ 湿度41% 気圧1019hpa
MJ・192 SJ・48 Pow・48 JN・34-68-Ⅳ
先ずはJhaチャンバー。コイツに関しては99改シリンダーとの相性は確認していたんですが、今回は06改との相性をテストしてみます。あ、それと39φキャブも試します。
コースインしてすぐ、すごい勢いでカウントします。インジケーター点きっ放し(w こりゃアカンって事でPitInメインを198へ。それでも収まらない。領域的にはパワージェット領域っぽいのでPowを55へ変更。カットモードも1→2へ。変なところでのデトネは収まったが、イマイチ。もう一度PitInしてメインを195へ。
もう1周できるかな?ってところでストレートエンドで一瞬ストール。「!?、焼き付いた?」と思うもエンジン回復。そのままスローでPitIn走行終了~。
走行後ヘッドをめくって見てもエンジンは問題無し。データ―ロガ―で見てみると走行終了間際で数回、電圧がドロップしてました。とりあえずハーネスとレギュレータ廻りをチェック。問題はなさそうだけどなぁ・・・。

で、インターバルで整備を終わらせ暖気しようとしたところ、エンジンが掛かりません。タコも水温計も反応無し。
これは電気がきてない。ロガ―に残ってたのはこれか!!
スペアの電気類はガレージに置いてきたので一旦ガレージへ。レギュレターとステーターを持ってサーキットに戻り故障探求開始。ってまぁ結局ステーターコイルの断線っぽかったので交換してOkでした。こんなん壊れたの初めてだよ・・・。
バタバタなインターバルを終え午後の走行へ~

PM13:45~
気温10℃ 湿度38% 気圧1018hpa
MJ・192 SJ・48 Pow・48 JN・34-68-Ⅳ
K瀬選手から譲ってもらったHARCチャンバーを装着。暖気ではな~んか濃い感じですがマージンをとってスタートします。
走り出して全く走りません&デトりません。メインを190へ。それでも6速に入るポイントは奥の方です。
Powを45へ変更してみるも変わらず。ん~な感じです。
途中他車とも絡んだりしましたが、今のままじゃメリットがあるチャンバーではないですね。デメリットがあるわけでもないですが・・・

今回のテスト、Jhaだとももっと燃料を食わせてやれば走りそうです。トルクもあるし上も回る。問題はサイレンサーが・・・
HARCのチャンバーは、エンジンの仕様を見直さなきゃダメでしょうねぇ。スキッシュ詰めたり点火時期見直したり。
チャンバーでパワーを出すようなタイプじゃなさそうです。どっちもこのまま次のレースで使うのは・・・う~ん。。。
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ仕事の為次の走行は予選です(泣)



2010.03.15 Mon l レース l COM(0) TB(0) l top ▲
本日は走行予定だったのですが雨の為中止・・・ヘタレです
で、かわりと言っちゃぁなんですが、次は3/12日の東コースで走行予定。
レースは西コースなのになんで東コース走るの?まぁ、試したい事があるし、Pit使えるのとLapが短い方が都合がいいので。

さて、今現在ウエイトはステップKitで1.2kg搭載していますが、これだと車両重量が手元計測?で74.7kgです(タンク抜き)。バッテリーでも積んでウエイト追加しようと思ったんですが、Kitチャンバーを使うとちょっと軽くなる。これはヤバイかもって事でウエイト追加です。
今回はオイルキャッチタンクに乗せてみました。
100307.jpg
キャッチタンクに被せるようにして400g。スプリングとのクリアランスはギリギリ(3mmくらい)です。
この方法、固定方法で悩んでいたので保留にしていたんですが、結局両面テープとステンバンドで固定です。
両面テープに関しては固定用というより傷防止の保護テープとしての意味合いが大きいですが・・・。

一応ウエイトに関してはこれで完結かな?あとは本番用の重量計で測ってみないとなんとも言えませんね。
これはレース本番まで測れないのかなぁ・・・。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへなんだか重りいじってばっかで乗ってないね。大丈夫か?オレ
2010.03.07 Sun l レース l COM(0) TB(0) l top ▲
今年使う予定のチャンバー3種、それぞれ使いっぱなしでカーボンが溜まっているハズ・・・
で、カーボン除去をしようと思うのですが、いつも使っているワイヤーではテールパイプや奥のデンバー部分に届かない。ワイヤーもいい加減くたびれてきているので何かいい方法はないものかと思案していました。
ネットで方法を検索するといわゆるパイプユニッシュとかの水酸化ナトリウム入り洗浄剤での方法がよく出てきますが、コイツは強力すぎてキケン。下手すりゃチャンバーまで溶け出します。ってことでヤフオクでよく見るコレ
100302-4.jpgKMC(ケーエムクリーン)-500
を試してみる事にします。購入はもちろんヤフオク。いろいろ使えそうなので2袋購入。
2.5%濃度の溶剤を50℃のお湯で作ります。チャンバー1本あたり約4L、テールエンドと入り口はゴム栓でふたをします。で、一晩放置
100228.jpg

よくシェイクしてから中の洗浄液を出すと・・・
100302-3.jpg
こんなん出て来ました~(w これ、1本分です。
チャンバー内部は
Before
100302-1.jpg
After
100302-2.jpg
って、ちょっと分かりにくいですかね。でも堆積していたカーボンが取れて、地が見えてます。恐るべしケーエムクリーン(w
これなら使えますね。ポイントは温度と時間と置き方かな?。
70℃前後がもっとも洗浄能力が高いそうですが、それに近い状態を何とか保ちたいのと、今回入り口(出口)を上にして置いたのでその部分が液面から出てしまいカーボンが取り切れてませんでした。できれば上下を逆にしてもう半日置いておきたいところです。保温ができなければもうちょっと時間を取っても良いかと。
何よりコストパフォーマンスはいいです。2.5%溶液4Lで¥380。レース毎に洗浄してもしれてますよ。ショップに出すと5000~しますからね。
今回は2本洗浄して、1本はこんな感じでしたが、もう1本は以前ワイヤーでガシガシしていたお陰か、あまりカーボンでてきませんでしたね。それでも茶色の液体は出てきましたから効果はアリでしょう。
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ早くエンジン掛けてみたい。
2010.03.02 Tue l レース l COM(0) TB(0) l top ▲